女に囲まれて生きる

タイトル変えてみました。3姉妹の父となった三十路男。職場でも家庭でも常に女に囲まれている。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

温度差

君と僕はいつもわかり合える

電話越しの声がぶれるとすぐ気づいた

そして優しい声で大丈夫とささやいた

君の声がとがってた

そんなことは分かってた

分かってるから歯がゆいんだ

君を安心させられないこと

君の声は届いているのに
  1. 2009/09/05(土) 12:07:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月も終盤を過ぎ

ようやっと暑くなってはきましたが、
なんだか調子の狂う夏ですね。

全体的には涼しいにも関わらず、やっぱり夏ばて気味なのはなぜなんでしょうか?

この夏は本当にいろんな出来事がありました。
自分らしく生きること
求められた自分でいること
この二つが相反することでなければ人間としてもっと進んでいけるのでしょう

お墓参りをして、先祖を供養しつつも、これからも自分達を見守ってくださいと図々しくお願いしてしまうし、できればもっと幸せにと限りない欲望を訴える自分。
そして、あの頃考えていた将来の自分の姿に少しでも近づけたのかは今もよくわからず。
ただ、現状を報告するのが精一杯なのですね。

  1. 2009/08/16(日) 23:21:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

巣食う人/救う人

マイナスの空気をもった場所がある。
そこにずっと居心地良さそうにいて
人の弱みにつけ込んだり、ダメージを与える言葉を探している奴らがいる
必死に生きる人を横目に見て、捻くれた感情を押し殺しながら
失敗しろ失敗しろとほくそ笑んでいる。
そんな奴らが巣食う世界

でも、マイナスの空気を心に取り込まないように
僕の導く方に歩けばいいんだ
僕は力は弱いけど
救う人

いつまでも君の味方だ
  1. 2009/07/22(水) 19:44:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

幼児の用事/次女の事情

なんのこっちゃ?

いや、小咄でもと思いましてね。ある程度リアルで少し誇張が入ってるくらいのはなしでござんす。

うちの次女は幼稚園の年長さんなわけでございます。
まあ、この年頃の女の子は何かと大人のまねをしたがります。
いろんな事が出来るようになりますから、何事も自分が手を出さないと不機嫌になるものであります。

特に好きなことは電話の応対ですね。
電話がかかってくると、自分で出て応対しようとするわけです。
ある程度は話も通じて、意思疎通は図れるわけですが、
時折理解不能な事も起こります。

あるとき、電話の呼び出し音がなったかと思うと、すぐに消えてしまいます。
所謂ワン切りってものかと思い、さほど気にもとめてなかったのですが、
次第に次女が大きな声で一人で話しているのが聞こえてきます。
そうです。電話はまだ繋がっており、かなり早い段階で次女が電話に出ていたようなんです。
すごくリラックスして元気のいい話し方だったので、おばあちゃんからの電話にでも出てるんだろうなと思うわけですよ。幼稚園での出来事なんかを話したりして、それはもう楽しそうに。

で、あるとき言葉に詰まるのですよ。「お父さんに替わってだって」
は?
電話に慌てて出てみると、初めて電話してきた保険の外交員さんだったりして・・・
全く子のこは・・・
その外交員さん(男性)も大受けだったようで、快活なお子さんですねってほめられたような恥ずかしいような複雑な気持ちでございます。

こんな次女なんですが、私の携帯なんかにも勝手に電話することがあるようです。
番号は覚えてないので、母親に手伝ってもらってかけるんですけどね。

この間かかって来たときに私は出ることが出来なかったのですが
母親に次女はこう告げるのです。
「なんかねぇ。女の人が出たよ」

えっ!?

ま、勘のいい人ならおわかりですよね。

そう、あの冷静な声の主です



「留守番電話サービスにおつなぎします・・・・」
  1. 2009/07/21(火) 12:49:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BRIO休刊

おしゃれで写真が綺麗でセンスのいい男性情報誌だとお気に入りになっていた雑誌が休刊するとな

出版業界も大変なようでつ

この雑誌はなんと言っても写真がそそるんですよね。
さらにかの小山薫堂氏もこの雑誌のライターとして深く関わっていたり、敬愛する沢村一樹氏がメインのモデルとして活躍しているのも惹かれた原因なんだろうな。
何とも残念です。

あ、ファッションに関していつも思うのが、こういう雑誌に載っているコーディネートをそのまま真似したらどんだけお金が吹っ飛ぶのかということですよ。こんなことを言うのは無粋なんでしょうが、ジャケットだけで30万円とかトータルだと60万くらいとかざらに出てきますからね。
実際にこのくらいのものを購入する富裕層が存在するということなんでしょうけど、私なんかには縁のない話でござんす。

同じような話で時計の雑誌。
最近はバーゼルのコレクションを特集したりして、わたしも購入しましたが
ちょっと格好いいなと思う時計は100万オーバー。1000万オーバーの時計だって珍しいものではありません。
こういうものを購入できるってすごいですよね。
まさに車の値段と同等です。
ちょっと高級な時計を購入してみようかと画策しているベティスではありますが、上を見上げると果てしなく高級な時計が存在するというのにただただ驚くばかりです。

  1. 2009/07/09(木) 21:38:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

ミニチュアダックス時計


by Animal Web Clock

プロフィール

ベティス

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。