女に囲まれて生きる

タイトル変えてみました。3姉妹の父となった三十路男。職場でも家庭でも常に女に囲まれている。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ホワイトデーの想い出は甘く切ない

あれは確か僕が小学校5年生の頃の話だったと思う。

だいたい小学校のクラスにはマドンナ的な存在のカワイイ女の子がいるわけで、
僕のクラスにも色白でキレイでおしとやかな誰もがあこがれる女の子がいたのです。

男どもに好きな女の子のことを聞くと、たいていは女なんて嫌いといい、一部の人はその子の名前を挙げて、みんなから冷やかされたりするのでした。
当然、僕もその子が好きでした。憧れでした。
奥手だし、シャイだった僕は遠くからその子のことを見ては顔を赤らめていたりしました。

そして、その年のバレンタインデーに奇跡は起こるのです。

バレンタインデーに近い休日、家でボーッとしてると、電話が鳴り、
受話器を取った母がなにやらニヤニヤしている。
電話の主はそのマドンナだったのです。
そして僕に近くに行くから家の前に出てきてと告げるのでした。

僕の家のとなりは雑貨屋で、家の前にはバスの停留所やポストがありました。
彼女は母親の車に乗せられてやってきました。
そして、真っ赤なポストの前で彼女からチョコを受け取り、お互い、ポスト以上の色で一言二言会話したと思います。多分ぼくは「ありがとう」くらいしかいえずにいたのでしょう。
当然、うまい言葉なんて口から出てくるわけがありません。

中身のチョコは小学生のお小遣いで買えるかわいいものでしたが、そのチョコの味は今でも忘れないような甘酸っぱさでした。(いや、イメージね。本当は味は覚えてないです。嘘つきました。)

それからの一月、僕は平静を装うようにして、彼女に近寄りもせず、かといって無視するわけでもなく、挙動不審ながらも今までと同じ態度を貫きました。だって、どうすればいいかわかんないんだもんね。

そして、ホワイトデーの日です。

そこから悲劇が始まるのでした。

whiteday


ホワイトデーの日、僕は朝一番で学校に行き、彼女の机の中におかえしのキャンディを忍ばせる予定でした。
実際に学校に一番早く着き、彼女の机の中におかえしを入れたまではよかったのですが、
その後現れた同級生の一人は、普段それほど早く登校しない私がいるのを不審に思ったのでしょう。
「あ、ホワイトデーのお返しいれたんや!」と鋭い嗅覚を発揮してくれたのでした。よりによってこんな時に(笑)
まんまと、僕がその彼女の机の中に入れたプレゼントを見つけるのです。

さんざん冷やかされ、さらにクラスのガキ大将にも見つかり、(こいつもそのマドンナが好きだった)
チョコをもらったわけでもないのに、プレゼントを持ってきた気持ち悪い奴だという風に罵倒されることになるのだ。
その頃には、彼女も現れ、みんなに冷やかされ、泣いていたように思う。彼女の友達も僕みたいな男にマドンナがチョコレートを渡すわけがないといって憤慨していた。

僕は悪者になっていた。今考えると悪者のままで良かったんだ。プレゼントは僕が勝手にしたことでもかまわなかった。
だけど、この時、ぼくはいたたまれなくなって、「彼女からチョコもらったから、返すだけだよ」
もらったから義務で返すんだという言い方をした。

彼女を守ってあげるという考え方ができなかったんだ。幼稚だった。

彼女は泣いていた。僕にチョコをあげたことを友達に責められたみたいで。
「あげてない」
確か、彼女もそういった。

幼い僕たちは、小さな社会の中で自分たちの立場を守るのに精一杯で、相手を本当に思いやる優しい気持ちは持ち合わせていなかったんだ。

今となって甘く切ない。何だか自分の情けなさを思い知る出来事だったな。
スポンサーサイト
  1. 2009/03/10(火) 22:42:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<確定申告 | ホーム | ちょっといいですか?これ見てください!>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/03/11(水) 05:44:56 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

ある意味、このブログは出川哲朗のブログに似てきている。

俺はいつもそうしてきた!(笑)
  1. 2009/03/11(水) 16:44:35 |
  2. URL |
  3. ベティス #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tadie.blog2.fc2.com/tb.php/85-21a3a15a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ミニチュアダックス時計


by Animal Web Clock

プロフィール

ベティス

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。