女に囲まれて生きる

タイトル変えてみました。3姉妹の父となった三十路男。職場でも家庭でも常に女に囲まれている。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

これでもまだ若い

現在三十路の終盤にさしかかっている私。
それでも、まだ若いと世間では言われます。
というのも、年齢層高めの集まりに積極的に参加してるからかもしれません。

普段、偉そうにふんぞり返って、書類に目を通しては判子を押すことが主な仕事であろうオジサン達。
そんな人たちと対等に話す機会を作るのはなかなか面白いことです。

何せ、我々の世代は完全に弱者なのです。

働け働けと言われ、そのくせ金はなく、さらに政府に吸い上げられてる金は老人へ流れる仕組み。
将来の不安をあおられ、金を貯めろとは言うけれど、その原資さえここのところ枯渇している。
結婚して子供を産んで、将来の老人を支えろというけれど
よっぽど本気の愛や婚前に既成事実を作らない限りはその先に踏み込めるほど余裕のある人間は少ないのだ。

あれ、熱くなってちょっと横道にそれてしまったが、要は力を持っているリタイア間近世代とつきあうと面白いなということです。

私から見ると、20歳以上年上がストライクゾーン。
若いことを武器に近づくと、実際かわいがられます。面倒見て貰えます。
歳を重ねてきただけの蘊蓄あり。体力の不安はあれど、経済力に裏打ちされた余裕があり、
若造の生意気やちょっとしたオイタも若いのだからと許してくれる。
それに、彼らの子供達と同年代になるわけだから、これもポイントなんだろね。

これが10歳くらい上だとうまくいきません。余裕がなく、もしかすると立場が逆転するような危険がはらんでいるからなのだろうか甘い顔をなかなか見せません。
昔のような親分肌の人は姿を消しましたね。

そんな世代には媚びずに、もう一つ上の世代と対等に渡り合うのは絶対に賢い選択。
例えば、趣味のサークルなんかでも同じくらいの熱意があれば、もしくは専門的な知識が上回っていれば一目置かれて、釣りバカ日誌の浜ちゃんくらいのポジションを獲得することはわけないでしょ。

それでいて、最終的な目的は我々の世代に力をということ。
政治力でも経済力でも優位に立たねば、本当にこの国は滅んでしまうと思うの。
世代間格差の解消。そのときにはみんなで立ち上がろう。
あ、何が何だかわかんなくなってきた。乱文乱筆の典型だね。

今日のテーマ 「ストライクゾーンは20歳くらい年上」
スポンサーサイト
  1. 2009/04/14(火) 16:45:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<左手ダイエット | ホーム | おとす・ゲーム>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/04/14(火) 22:23:59 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tadie.blog2.fc2.com/tb.php/123-5c299967
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ミニチュアダックス時計


by Animal Web Clock

プロフィール

ベティス

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。