女に囲まれて生きる

タイトル変えてみました。3姉妹の父となった三十路男。職場でも家庭でも常に女に囲まれている。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

優しい人になるために

「優しい人になりなさい」

子供の頃は呪文のように何度も教えられてきた言葉

幼い頃、優しさや親切は美徳だった

優しさは社会に出て、偽善や自己主張の無さに姿を変えた

誰を苦しめるでもなく、僕を苦しめた

優しい笑顔は引きつった

目の焦点はぼけ、眠れない日が続いた

脳は自己を守るために、記憶を消そうとした

ぐるぐる回る螺旋みたいに思考は闇に向かっていく

あの日、君が背中を押してくれなかったら

僕は今も混沌の中をさまよっていたのかもしれない

それはいつも一緒にいてくれた優しい人の掌だった
スポンサーサイト
  1. 2009/03/30(月) 18:34:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<そうだ、京都に行こう2 | ホーム | 京都ほっこり旅(その4)>>

コメント

「優しい」って難しいですよね。
分かりにくい、後で分かる優しさだってあるし。


多田さんに支えてくれる奥さんがいてよかったって話を聞いて思ったの。
きっと多田さんの人徳だね(´∀`)


乃亜も親友を大切にしよ乃亜のcarinoだもん☆



大倉さんにもいたらいいのにな。大倉さんが気づいてないだけでいると思うんだけどな…。



おやすみなさい☆
  1. 2009/03/31(火) 02:46:08 |
  2. URL |
  3. 乃亜 #-
  4. [ 編集]

コメントありがと

僕の思いが乃亜さんにも伝わったようでうれしいです。

こういう状況に陥ったとき
一時的な応援や手助けはもちろんその人を勇気づけるけど、
状況を変える力には多くの場合ならないと思うんだ。
状況を変えるにはその人のそばで添い遂げる覚悟が必要なんだろうなということ。

だから、大倉さんの場合、乃亜さんの言葉は元気の源になるけど、それは刹那的で、段々薄らいでまた混沌とした状況に戻ってしまう。
大倉さんも身近な見守ってくれる人の存在に気づくと本当の意味で救われると思うよ。きっと。


ある意味、僕も乃亜さんと親友になれたと思っているよ。あ、これは余計なことだったか(笑)
  1. 2009/03/31(火) 04:59:09 |
  2. URL |
  3. ベティス #QLSbTH3I
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tadie.blog2.fc2.com/tb.php/110-2e7dddcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ミニチュアダックス時計


by Animal Web Clock

プロフィール

ベティス

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。