女に囲まれて生きる

タイトル変えてみました。3姉妹の父となった三十路男。職場でも家庭でも常に女に囲まれている。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

京都ほっこり旅(その4)

え?しつこいって・・・・

ごめんなさい。もうちょっと続けます。

金閣寺を後にすると今度は平野神社へ。今回のメインテーマは京都御苑と平野神社でしたから。
行かねばなりません!
平野神社2

平野神社は桜で有名な神社だけあって、提灯なんかも桜のマークだったりします。
この枝垂れ桜は「魁桜」(さきがけざくら)といって地元の人に親しまれているようです。
敷地内には花見用の櫓が組まれたりしていて、準備万端といった感じでした。
平野神社1

この後、ブランジェリー・ブリアントというベーカリーで夕飯用のパンを買い、(これまた、ウマーなパン屋さんでした)バスで京都駅に向かいます。
京都駅モニュメント

さ、かえろっかな?
うん、京都に来たなら忘れてることがあるんじゃない。

やっぱ、清水寺でしょ!(笑)
ってことで、最後に京都駅からバスに乗って清水寺へ!!

正直言うと、ベティスは相当疲れていたはずなのですが、行きたい欲求には勝てませんでした。
そう、あの急な坂道も覚えていたはずなのに、行ってしまいました。
もう若くないってこともよくわかっています。でも行ってしまったのです。

バスを降りて、茶碗坂を必死の形相で上っていくベティスがいます。止まる余裕がありません。歩みを止めると、それ以上進めない気がして。

そして、ふくらはぎに違和感を覚えながらも、清水寺に到着です。

清水寺1

清水の舞台と芸子さん
清水の舞台

清水寺はやっぱり京都に行ったら立ち寄りたくなってしまう不思議なスポットですよね。
いつも坂を必死で歩くのですが、それでも行きたくなる魅力を持っていますよね。

清水寺から坂道を下ったあとはさすがにタクシーを拾いました。
もう限界でした。

さすがに疲れたけど、やっぱ京都はいいですね。

再び京都駅にもどり、鴨川カフェでコーヒー飲んで帰りましたとさ。
京都タワーもキレイですね。
京都タワー


最後におまけの平野神社の桜

平野神社3

スポンサーサイト
  1. 2009/03/27(金) 22:56:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<優しい人になるために | ホーム | 京都ほっこり旅(その3)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tadie.blog2.fc2.com/tb.php/109-8db2beb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ミニチュアダックス時計


by Animal Web Clock

プロフィール

ベティス

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。