女に囲まれて生きる

タイトル変えてみました。3姉妹の父となった三十路男。職場でも家庭でも常に女に囲まれている。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

女に囲まれて生きる

女に囲まれて生きる人生

聞こえはいいが、意外につらいものがある。
女に嫌われないように、男を意識させないように飄々とした態度で。

女性スタッフばかりの職場に唯一の男・責任者。
特定の女性に可愛いだとか綺麗だとか言ってはならない。
ほぼ全員に同じように話しかけ、怒鳴ったりせず、とにかく職場の和を重視。

女だらけの家族。
我が家は三姉妹。
最後に出てきた彼女も彼ではなかった。
まさに生まれる瞬間、臍帯が性器かと一瞬勘違いした。
引っ張り出された直後、女性器がはっきりと眼前に現れた。
早朝の分娩室で2時間ほど妻が格闘する姿を見届けたあとの出来事だった。

まさに女だらけの家族。
見回すと、男は俺のオヤジと、オヤジの弟くらい。
妹の旦那が現れるまで、男の家族が増えることは無かった。

死ぬときも女に囲まれて死ぬのかな?

男だらけよりはいいけども。

女に使われ、のけ者にされ、それでも助けられて生きていく。
そんな自分は何よりも男という存在で輝いていたい。
スポンサーサイト

テーマ:妊娠・出産 - ジャンル:結婚・家庭生活

  1. 2008/12/29(月) 18:37:08|
  2. family
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

ミニチュアダックス時計


by Animal Web Clock

プロフィール

ベティス

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。