女に囲まれて生きる

タイトル変えてみました。3姉妹の父となった三十路男。職場でも家庭でも常に女に囲まれている。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブログ復帰

やっちまいました。
買っちまいました。
そうです。 eos 5D MarkⅡなのです。

9月17日に発表され、約1週間後の9月23日に地元のカメラのキタムラに予約。
2ヶ月以上待たされて、発売日にも現物は届かず。
少しカッカしながらも、この機種の人気。3年以上待たされたFANがたくさんいたわけで、しょうがないこととも言えるのだ。

発売日から1週間後、やっと、カメラのキタムラから電話があり、さっそく取りに行くとありました!
12月6日午後6時すぎ。ようやく手に入れたこのカメラで何を撮ろうかといろいろと想像を巡らしてみました。

このカメラが届かないことに少々いらついていたのは、第3子の誕生が間近に迫っていると言うことが一番の原因でした。なにせ予定日は12月8日だったモノですから・・・

ということで、12月8日の夜、妻がおしるしが出たとのことで、病院に連れて行くことに相成りまして、夜中に生まれるのかなと思っておりましたところ、その後陣痛さえ起こらず、出産の兆候はないということで、家に戻って、ソファに寝そべっていたもんですから、ちょいと寝不足気味。少し肩こり。体が若干だるいのも、我が子に出会うためにはしょうがないことなのですから・・・

まとまりのない備忘録のようなこのブログ。誰かに読んでもらうためでなく、自分の歴史を刻むためのモノですから。皆さん読みにくいのはそういう訳なのです。
スポンサーサイト

テーマ:Canon Photo - ジャンル:写真

  1. 2008/12/09(火) 17:02:32|
  2. news
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アジアカップ決勝を前に

サッカーブーイングの話。
なんだか、日本のマスコミの動きがだんだん変な方向に来ているので、よく考え直した方がいいかな。

ここ数日の論調だと、「中国のブーイングがけしからん」という内容になっているが、実際、アウェーの土地ではブーイングは当たり前と考えるべきだろう。特に決勝戦は中国戦なのだから、今まででもっとも激しいブーイングや圧力、さらには日本側に不利なジャッジが現れてもおかしくない。
問題だったのはむしろ、今まで重慶で行ってきた試合でのブーイング。
第三者であるはずの中国人サポーターが日本に対して、激烈なブーイングを行うことが単なるスポーツの応援とは異質だったわけ。

これがマスコミに取り上げられだしたころには、むしろ問題は収まりかけてた。ネタとしてはちょっと遅れてきた感があるし、盛り上げるために大げさに報道せざるを得ない状況もあったのだろう。
これを嫌中ブームへと持ち込もうとするマスコミにも一部の中国サポーターと同じ匂いを感じるのは私だけでないはずだ。

いずれにしても、決勝戦でのブーイングは正当なブーイングとしてかえって気持ちいいものになるのではないだろうか?
  1. 2004/08/07(土) 08:41:00|
  2. news
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ニモに見る歯科治療

ううう、笑いがこみ上げてしまう。

娘のために買った「ファインディング・ニモ」のDVD。ちょっと妙なところでつぼにはまってしまった。妙なところとはニモが捕らえられた歯科医院でのシーン。水槽の中の魚たちが歯科医師の治療方法について討論するのだ。

ゲーツドリル。Hファイル、Kファイル。ラバーダム。シーラー。歯科関係者しか分からないような単語が会話に出てくるのだ。しかも、日本語訳のバージョンでこれらの単語が出てくるんだから可笑しい。

アニメーションの中の歯科医師と患者の動きはちょっと前時代的ではあるけども、治療内容とか道具なんてのはかなりリアルで笑える。

何にしてもすごく美しいアニメーション。あまりに色が派手派手しているけど子供の視覚には訴えるものがあるんだろうな。

  1. 2004/06/30(水) 19:39:00|
  2. news
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミニチュアダックス時計


by Animal Web Clock

プロフィール

ベティス

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。